新興市場の株式投資

アークランドサービス

アークランドサービス(3085)のまとめです。

アークランドサービスまとめ

業績は悪くない・・・しかし評価は低い。なぜアークランドサービスの株式評価はこれほど低いのでしょうか?考えられる要素を列挙してみます。

@ 親会社のアークランドサカモトが過半以上の株主
A 株主優待がない
B 配当が少ない
C 知名度が低い
D アークランドサービスという名前から「かつや」をイメージできない。

外食産業で株主優待がないことは、それだけでかなりのマイナスイメージになるようです。逆に言えば、株主優待を実施している企業の株価は現在すでに「優待プレミア」がついているということです。

私は株主優待なんてまったく興味ありません。なぜか?株主優待というのは、基本的には純資産の垂れ流しに過ぎないからです。優待や配当は空から降ってくるものではありません。投資している企業の純資産を配分しているのですから、本質的な意味において企業価値を削って配分しているものです。

もう一つ、株主優待を実施している企業は今後、廃止する可能性はあっても強化する可能性はほとんどありません。(絶対とは言いませんが)すると、廃止すれば今まで優待プレミアが付いていた株式は叩き売られることになります。逆に今まで優待がなければ優待を新設することしかないわけですから、その意味でリスクを優待廃止リスクを背負っていないとも言えるはずです。

また、それ以外の要素、知名度であったり、親会社の存在であったり、社名なども「永久にそれが続くとは限らない」と考えます。どんな優良企業だって昔は知名度がない小さい会社でした。親会社の子会社であっても株価が数倍になった会社はいくらでもあるはずです。

これらすべてのマイナス要素のおかげで、私は自分が良いサービスを提供していると感じる、アークランドサービスの株式を、激安価格で購入することができたと確信しています。ああ・・・ありがたい。不条理なマーケットに感謝です。


割安度 ★★★★★ 資産面での割安感はないが、事業面での割安感が◎
競争力 ★★★★ 低価格での「かつ」という業態での競争力は強い
成長性 ★★★★★ まだ出店する余地は充分
リスク ★★ 資産面での割安感はない。事業面では割と安定性あり。
株主還元 ★★ 成長企業なので、全資源を成長へ向ければ良い
総合評価 ★★★★ 5つ付けたいけど、買い煽りっぽくなるので4つ



アークランドサービスの分析トップ アークランドサービスの投資情報
アークランドサービスの会社情報 アークランドサービスまとめ
アークランドサービス投資チェック@ アークランドサービス投資チェックA
新興市場の株式投資 トップへ アークランドサービスの業績推移