投資メモ(東証1部への市場変更)

トップページ 銘柄分析 投資メモ 割安度一覧 企業分類 リンク
最近、東証2部→東証1部への市場変更の場合に、かつては1年ルール、東証2部に行こうしてから1年を経なければ市場変更できないというのがあったはずですが、最近は1年を待たずに変更している会社が見られるので、東証に確認を取ってみました。

以下、東証からの回答

市場第二部から市場第一部への指定に際しては、一部指定日時点において上場後1年以上が経過していること(※)
マザーズから市場第一部への市場変更については市場変更日時点において上場後1年以上が経過していること、
JASDAQから市場第一部への市場変更については市場変更日時点において上場後6か月以上が経過していることが必要となります
なお、同一決算期を直前事業年度とした指定・市場変更はできません。


(※)JASDAQから市場第二部に上場又は市場変更した銘柄の上場年月日の取扱いについては、
市場第二部上場日又は市場変更日が統合日(2013年7月16日)より前か後かによって異なります。
・統合日前に市場第二部に上場した会社の上場年月日
→市場第二部に上場した日
・統合日後に市場第二部に市場変更した会社の上場年月日
→JASDAQに上場した日(店頭登録からJASDAQに移行した場合、ジャスダック証券取引所の開設日である2004年12月13日)

まとめると、新規に東証マザーズに上場した銘柄については、1年ルールは適用される。ジャスダック→東証2部→1部の場合は、2013年7月16日以降に上場した会社についても1年ルールは適用される。例外として、2013年7月16日以前にジャスダックに上場していた会社については、ジャスダック→東証2部→東証1部への移行の際には特に時間的な制限はないということですね。

東証1部への移行審査は最短でも3か月程度かかるので、最短で2部→1部は3か月程度で市場変更できると考えて良いでしょう。(最近ではペッパーフードサービスが3か月程度で2部→1部に市場変更になっています)

新興市場の株式投資 トップへ